自分の星読み紹介


【facebook投稿記事を修正しました】

地球での立ち位置や役割が読めるのがジオセントリック(地球中心)のホロスコープです。
太陽の位置を見ると90度手前の時計位置で6時前です。太陽は1年1度で移動するので人生の平均寿命を80~90年としても水平線の時計位置の3時を超えることはありません。
すなわち今世は日の目を見ない行き方を選んできたと読みます。

星の全体配置はジオセントリックも魂の役割・目的は読める太陽中心のヘリオセントリックも下半分に集中して「どっしりとしている」反面、外(世間)に対する働きを示す上半分には殆ど星はなく蝉の一生で言えば地上の出ることなく人生を終える感じです。

本来は魂の目的を達成するために肉体を持って地球に生まれてきたので、ジオの背景にはヘリオがあり、ヘリオの目的を達成するためにジオがあります。



☆一重円は「http://freehorocharts.com」から作成。

ジオセントリックのホロスコープで人生の図を作成しましたが人生の目的はヘリオで読みといた結果の「冥王星」になっテいます。どちらも深く読み込めば経過の違いはありますが、多くのパターンは西洋占星術(ジオセントリック)の上級者がヘリオセントリックに進むことは多いようでした。



☆人生の図は 無料西洋占星術講座[VTR]独学 「https://emi.dproj.or.jp/pg57.html 」の動画と有料テキストで作成。

西洋占星術は覚える事が多いのですが逆に言えば万人が入り易いと思います、ヘリオは発展途上で進展、オリジナル化の余地は多いですがマニュアル化されていないので取り組みにくい面もあるように思います。

私は多くの方対象より1人の方をゆっくり深く読み解いて進めていくタイプなので営利的な収支は合わないような感じを受けています。

0 件のコメント :

コメントを投稿

SNSやっています