先人の知恵と真の優しさについて思う事

facebookに投稿した記事を更に深堀して学んだことをご紹介します。

そう言えば月が変わって今日からはベテランで口厳しいオバチャンヘルパーさんと関わります。

会社員時代にお局様に厳しく指導して頂いた経験があります、印鑑1つにして少しでも傾いたり回転していると厳しい厳しい。そんなお局様が退職の時にお褒めの言葉は本心が聞けました。

どこにでもいるお局様、そのそのには深い人間愛があります。もし本当に嫌いならそんな人の細かい動作は見るのも嫌かと思いますし、厳しいですが筋は通っています他所にいったら教えて頂いたことは立派に通じます。

今の人?!なら優しく教えられと思いますが、お局様の時代はスパルタが普通でした。ある意味では馴れ合いを防ぐのに良い関係でした。

そんなお局様に学んで身に付けた方は、今の時代と自身の個性にあった教え方をして下さい。その人のことを思えば厳しい言ったほうがいい時もありお局様の特権でした。

私は厳しく伝えるのは性格的には難しいので、分かって貰えるように考えて伝えるようにしています。それにしても厳しく教わったことはいくつになっても覚えていますが優しく丁寧に教えて頂いたことは記憶に残っていません。

そんな事を思うとお局様は相手の先の先まで考えた云わば親代わりで感謝したいと思っています。と分かってはいますがお局様の厳しい口調で言われると凹みます、いい人だと理解はしているんですが。

0 件のコメント :

コメントを投稿

SNSやっています