facebook投稿でドキッとする事、怖い人から逃げていた本当の理由、ブログとセ ッションで思うこと

facebookの記事を読んでいて、その中で「断りもなくシェアするのは非常識」とか、「イベントの不参加時は「不参加表明」を書き込まない」とか、「友達リクエストはメッセージを入れるのが常識」などと見覚えが有ることを書かれるとドキッとして凹んでしまいます。

勿論万人がそうではなく人によって千差万別であることは分かります。プロフィール等にその人の考えが例えば「友達リクエスト時はメッセージが必要」等と記載があれば、その人の考えが分かりますが判断はなかなか難しいように思います。

「イベント不参加時の不参加表明の不要」の理由は納得出来ますが、「記事のシェア時の対応」は記載がないと分からずに困りますが、リスクを考えて「シェアを一言コメントする」ようにしてトラブルを予防していますが何か面倒くさく感じます。

私はSNSのシェアが可能な記事(友達限定でなく全体公開でシェアボタンが表示されている記事)は無許可で良いかと考えていますが、ただ人によって考えや常識が違うのが悩みのタネです。

このブログは長年書いいますが、投稿内容はその時期によって主題とするテーマはマイブームが変わっています。投稿タイミングは現場が忙しい時期には週1や月1の投稿の時もありました。現在は日記的な内容が多くて、1カテゴリーを1記事で
1日1記事の投稿として2記事以上はそれ以降の日として予約投稿にしています。

ブログの書き方等はfacebookの他の方の記事に影響を受けることも多いように思います。元々書くことが好きで掲示板から始めてきたので、他人に迷惑を掛けなければマイルールで良いかと思いつつ、より良い投稿にするために他人の考えを参考にしたいとは思いますが、過度に人の目を気にし過ぎるはどうかと思っています。

色々な思いが沸き上がって、facebookに投稿する段階で最近は他の人がどう思うかを考える、躊躇して削除したりブログ投稿に変更したりしています。

~ ~

新聞を見て感じたことですが、最近は職場の人が記事に載ることが何回かありました。その記事を読んでふと自分は「羨ましさから嫉妬している」に気づきました。

同じ職場の人でありながら表舞台にたってスポットライトを浴びる人と黒子でいる人がいるがこの差は何だろうかと思ったりします。

団体の共通理念として「障害を持つ人と持たない人が、共に生きて働く場づくり」と言いながら障害者をダシに自分を引き立てていると偏見の目で見たりしています。当人はそんな気持ちは無いことは百も承知ですがついついひがみ根性が出たりします。

このことを書きながら、職場などて「厳しい人から逃げていた」ことを思い出して本当に怖いだけて逃げていたのだろうか、職場ならともかくSNSならブロックする方法はあるのに、何故つながつたままにするのかを奥底を考えてみました。

それらの人に共通する事は専門分野に特化して他者の追従を許さずに独走状態で、自分軸の信念が極めて強い特徴がありました。本音のところは強気な原動に怖さを感じつつ、関係性をつくって見習いたい人だったように思えました。

~ ~

今までカラーや数秘、レイキやカード、占星術などのセラピーの資格を取ったり学んだりしました。facebook投稿を見ると周囲にはこれらのスキルに身に付けた専門家が多数いるように感じて、先人には勝ち負けではないですが経験不足な私には勝ち目が無いように感じています。

これらのツールをセルフとして自分に使用する活用でもいいのですが、折角身に付けたスキルですので、悩み相談の捕捉資料として他の方にウエブ上でプチセラピーやプチヒーリングとして提供が出来ないか試行錯誤中です。

告知記事を書いて投稿すると、悪気なく書いた内容がある方には「意図しない受け取り方」をされている話しを聞いたことがあります、そのことを通して「そんな見方も出来る文書」か気づくこともありました。

facebookは上手く活用すれぱ、無料でこの上ない宣伝効果や集客力をもたらしますが、一歩間違えれば厳しい批判にさらされる相反する性格を持ち合わせていることを今更ながら認識しました。

☆ ☆ ☆

おまけ・3月14日のfacebookからの転機です。

僧職も弁護士もセラピスト/カウンターは元々高い理念から志されて、職業倫理に支えられていると思います。

マズローの欲求5段階説で言われる通り、最適条件に「生理欲求、安全欲求」である収入があり飯が食べられることが大前提になっていることも忘れてはいけないと思っています。

最近facebook投稿が上手く出来ずに投稿記事が消えたり、途中投稿されたりするトラブルが発生していますのでfacebook投稿を考える時期かも知れません。

~ ~

最近は審査落ちが多いです、預金銀行でクレジットカードの作成やスマホの新規契約なで以前は問題なく通過したものがまさかの結果でした。仮想通過の交換所で口座開設も審査落ちの連絡がありました。

理由の大きな要因は職種を変わったことで、以前は大手メーカで住宅融資も社名を出せば楽々通過が出来ましたが、介護職3年の審査はなかなか難しいものがあるようです。

先ほど詰まり抜きの業者が1日日を間違えて来られました、在室していたのと「1回作業を無くせば人件費や手間が増える」事を以前の仕事で経験していたので、作業実施でお願いしました。結果ちょっとしたサービスをして頂きました。

前職は建設業の技術者から現場管理職になり、介護に変わって何れも「人とのつながりが大切な」仕事です。もしかしたら「人と人とつなぐことが好き?」かと思って次なる挑戦を行っています。

~ ~

コメダ珈琲店でおやつです。

変われば変わるもので昔はいつ仕事の電話があるか、神経質になっていましたが今はゆったりです。

人生まだ半ばですが自分の半世を振り返って人見知りだと思っていた性格が人間大好きに変わったのか隠れていたのか分かりませんが変化しました。

そう言えば現場では職人さんなど誘われて飲めない酒を誘われてました。職人もそうだけど今支援している(知的)障害の方も人を見抜くプロです。

大体彼らの態度を見れば相手の人間性が見えます、怖そうな感じでも彼らがニコニコ近づけば表情を出すのが苦手ないい人、逆に爽やかな印象があっても彼らが引くようなら、それ相応の事をしています。

そんな感じでヘルパーさんの評判を聞くと彼らの行動と一致しています。

私はと言えばいじられキャラです(笑)

~ ~

facebook投稿であることがあって投稿しようとすると、凄い人目が怖く投稿拒否気味になっています。

でも今日経験した中々表舞台に出てこない職人さんとの付き合い、障害者支援ボランティアや知的・精神障がいを持った友達の素敵な個性を伝えればと思います。

障害=個性には賛美両論ありますが、私は友達がたまたま障がいを持って視覚・聴覚・知能面で苦手なことがある人と思っています。Twitterを見るとこれらの方と関わった方や当事者が少ないのに驚いて、私が知り合った限定的な方の魅力を伝えればと思います。

本来はこれらの社会的弱者の声を社会に反映されるために、人に物事を言葉や文章で伝えるのが上手い政治家が伝えて頂ければいいのですが、なかなか忙しいようです。

facebookやブログ投稿が社会的に弱い人も含めて人と人が通じるための情報、経験が伝えればと思っています。

ここから(勝手に)再出発です!!!

0 件のコメント :

コメントを投稿

SNSやっています