ラプラスの魔女を読んで結構ツボにはまりました。




内容が気になる方は
東野圭吾「ラプラスの魔女」あらすじ・ネタバレ

スーパーコンピューター並みの処理が必要な自然現象を高機能可した脳で予測して殺人に用いる。この手の小説やドラマは結構好きです。

「催眠」だったでしょうか、人の行動を先読みして望む場所に行かせたり行動を取らせる。そんかな場面が印象的でした。

人は自分で考えて行動しているようで、実はマスコミやCM、人の行動に影響を受けています。自分の頭で考える機会が少なくなっている現在では顕著のように思います。

霊能者の中には道具や感覚で相手の未来を予知出来る方もいます。「直感」と言われる非科学的で客観的な証明は不可能な分野です。
対して自然現象を予知するのは科学的に証明可能です。

進化した「脳」と人間が本来持っている「直感」それぞれ真反対の事象ですが、2つが限りなく進化するば「科学」と「霊的なスピリチュアル」が融合するように思えています。

0 件のコメント :

コメントを投稿

SNSやっています