心の寂しさからか何かモヤモヤするが、きっといいこともあるだろう。


【facebookから転機】

先日職場の総会の資料を見つけて読んでいたら、永年勤続10年の方が2人居ました。

話しは変わり
自分の理想(目的)を達成している人を見ると本当に尊敬します。

短期間に目的目標がコロコロ変わる私には夢のような出来事で神のような存在。

暫く自己嫌悪に落ちたり、自分を攻めたりしたが、そんな自分でも訪問すると嬉しそうな表情をする(発達障害、知的障害の)方もいます。

取り敢えずそんな人が2人ないし3人いるので存在意義があるのかな?
声なき彼らに励まされて生きている感じでした。

ここ数日間は気だるい毎日が続いていますが、彼らと会える日だけは気分も良くなる。



またFB(facebook)に入り浸りになってしまった。
一時FB中毒でSNS疲れなるものになってしまったのでリアル世界と関わる時間を増やて、FB退会を決意する未遂に終わる(笑)

離れられないのは
・興味ないし必要な集まりがFBグループ内で発信される
・ブログの来場者の8,9割がFBの投稿記事のリンクから流入している

FBグループでのやりとりはアプリをダウンロードして「プッシュ通知」の設定をすることで、現在のweb閲覧でグループの確認の理由をつけて他の方の記事を長時間読むのを防止→昨日は8時間以上もFB浸けになってしまい、もはや入院レベル

2つめのブログへのアクセスは、集客目的のFB活用は止めたので、こだわらなくていいように思える。

3つめの理由が問題。現実生活に虚無感を感じてFBやスピリチュアルに逃げ込む姿勢→

誰かや何か大いなる存在が夢のような世界に連れて行ってくれるのお花畑思考は止めて、1つのコミュニケーションツールとしてFBを活用するのが健全と思いつつもズルズルと入り浸ってしまう。

禁煙外来は聞くがSNS中毒外来はないものか・・。
FBに頼って一筋の光を見つけようとする姿勢は、もはや依存以外のなにものでもないことは分かっているが止められない。

一抹の心の寂しさを知って貰えれば嬉しい。
今、この寂しさとセラピーのスキル・テクニックを使用して取り組んでいます。
この「寂しさ」が原動力で始めたことは多い、セラピーを始めた介護も多分そうです。
この寂しさを満たしたら、多分全く違う行動、目的の再設定が行われ自分がどう動いてしまうか分から状態。

一目を気にしてFB投稿は控えブログに書いていた内容を思わずFBにも書いてしまった。



【上記の投稿up後に溢れる想いを追記しました】 もしかしたら、今やっていることは本心(魂の想い)とは全く違うことをやっているのかも知れません。

人生を長く生きれば生きるほど、信念や生き甲斐と思っていたことが実は全く違っていたことに気づいたら先日までの行動規範を失って動けなくなるか、(肉体から見たら)最悪のことになるかも知れません。



【facebookから転機】

2006年から始めたブログを移転のために最初から読み直しました。ほぼ0の読者の中で時折コメントを通して関わってくれる方がいます。

数人程度がコメント投稿後にアメブロやfacebookから姿を消していました。

これは人生の大転換期の人や組織には妙に縁がある、私の特性上で仕方ないことと最近あきらめています。

この現象をふとこんな風に思えた、知ってか知らずかこれから大転機期を向かえる方はフッと浜辺に立ち寄りたくなる心境で、もしかして私が浜辺の役割?!と思ったりしました。

そんな方の力になりたいと思ってセラピーを学んだりしましたが、台風をうちわで跳ね返そうとするようなものと感じました。

ただ何も言わずに宿命に向かって行く方を受けれいる、それしか出来ないがそれが大切なように思えます。そこでは付け焼き刃的な知識は百害あって一理なしかも。

目の前の方を何の先入観も無しにありのままに受け入れる、そんな生き方にたち戻ろうかと思う今日。

0 件のコメント :

コメントを投稿

SNSやっています