プロジェクトへの思い・目的は何か、どんな形で達成出来るか(関われる)を考える出来事


facebookグループのプロジェクトで一旦facebook投稿しましたが、削除してブログに移しました。

facebook投稿とブログの違いはfacebookは人通りに面した自分の庭で、バーベキューなど何をしても自由ですが、あくまでも公衆の目線が大前提です。いくら自宅でも大人が裸で過ごすことは許されません。

対してブログは室内です、当然ながら裸で過ごそうが自由です。そこへはお互いの了解があってが前提です。

facebook記事は否応なしにフィールドとして目に入ります。ブログはワザワザとリンクをクリックするなどして見に来ないと行けません。

ある意味では見る責任と選択が読者にありますので、超プライベートな内容でもいいように思います。

そもそもこのブログの読者さんも少なく、SNSにリンクしなければ静かなものです(笑)(泣)

本文です。
最近、続いた眠くて眠くて仕方ない症候群が気づけば(多分)通り抜けていました。

よく書いていますが勤務体制が金曜日の泊まりと日曜日の日勤なので通常のイベントや行事にはほぼ参加出来ません。

今、あるプロジェクトを応援していますが、多くの人手が要ることから土曜日日曜日の開催と言うか実施です。ある意味当然です。

時間的には夜勤明けに行ける時間、しかし内容は現場作業。私が現場素人なら眠気を押しても参加、作業中に目が覚めるだろう位で行きます。

現場監督の立場なら参加は遠慮してもらいます。何故か建前は本人のこととにしますが、フラフラ作業で万一怪我をされたら周りが迷惑するからです。

応急処置で済めばいいですが、もし救急車を呼べは状況から「労災の可能性あり」判断され、漏れなく所轄の警察に通報されて事情聴取になります。

メンバーはボランティアでは頭は建設業許可のある工務店、こちらが善意でも聴取されれば建設業法違反で摘発されるリスクが高いです。

労災事故を起こした当事者として怪我をする以上は絶対に(変な表現ですが)建設業違反がないと起きません。警察官は事件性の有無を確認して問題なければ帰られます。

変な話しですがメンバー全員が素人(それはそれで消防法や電気工事士法に引っ掛かりますが)だったら、引っ越しの手伝い程度ですが、建設業関係の人間がいて後から労働基準監督署に見つかれば労災隠し扱いを受けます。

と長々書きましたが、こんな経過で泣く泣く夜勤明けの参加を諦めようと思います。そもその私の願いはプロジェクトの成功で自分がで張る必要はなく、どんな形で応援出来るを考えて実施しています。

登山経験はありませんが、冬山を前にこの機会を逃せば健康上の理由で最挑戦は不可能。だったら想いに任せて登り続けたい気持ちが強い。

しかし大好きな山を人から非難される対象にしたくない、登頂出来る公算も大きい。しかし下山をするような気持ちです。

登山家の方、間違っていたらお許し下さい。現場の怖さや良さを知っているから出来る判断かと感じています。

登山も現場作業も無事終える公算の方が極めて高いですが、万一のリスクを考えと起きてしまった自分は仕方ないが、それを志していた人々に対して申し訳ない。

まあ奇麗事ですが、自分で決断した事柄です。

0 件のコメント :

コメントを投稿

SNSやっています